スポンサーリンク

精神疾患を抱えていても裁判員になることが出来ます。

裁判員候補者名簿には、精神疾患だけではなく、どんな条件を抱える人でも無作為に抽出されるため、参政権がある限り、選ばれる可能性はあります。

選ばれても本人が病気を理由に辞退することも可能ですし、参加も出来ます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク