スポンサーリンク

メラビアンの法則

「メラビアンの法則」は、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)心理学名誉教授であるアルバート・メラビアンが、「コミュニケーションの際、話している内容と、声のトーンや態度に矛盾があった時、人はどんな受け止め方をするか?」ということを調査し研究した。

メラビアンはその研究で人と人とが直接顔を合わせるコミュニケーションには基本的に3つの要素があると結論を出した。

  • 言語         7%
  • 声のトーン      38%
  • ボディーランゲージ  55%

これら3つの要素は、メッセージに込められた意味、内容の伝達の際に占める割合が違う。

例えば、相手を褒めても嫌な顔をしていると受け手は優勢な要素の方を受け入れる傾向があるため、自分を嫌っていると感じてしまう。

私は最近黒髪に飽きてきたので、金髪にでもしようかと考えていました。しかし円滑なコミュニケーションの為には、黒髪である方が良いようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク